台風の脅威から家を守れ!〜庭木の伐採をする必要性〜

庭木の伐採と剪定の違いって

大きな庭木の場合、風が当たる面積が大きいため強風の影響を受けやすくなります。特に台風の場合は庭木が倒木してしまう危険性もあります。庭木の倒れる方向によっては人や建物に被害が出ることもあるので、そうなる前に庭木の伐採を業者に依頼しましょう。

傾いてしまった庭木はどうする

庭木の手入れを代行してくれる業者のサービスとしては伐採や剪定があります。伐採というのは、庭木の幹を地面からすぐ上の部分で切り倒す作業のことです。材木を切り出したい場合や、庭木の倒木を防ぎたい場合などに行ないます。一方剪定というのは幹を全て切り倒すのではなく、枝葉を切断する作業を指します。庭木の剪定を行なうと形が美しく整えることが出来ますし、害虫や病気の発生を防ぐことも可能です。剪定や伐採を専門業者に依頼する際に間違えないよう正しく把握しておきましょう。 "

台風で倒れそうな庭木は専門業者へ

台風で傾いた庭木の場合は作業の途中で倒れる危険性も高く、難しいので無理に自分で行おうとせず業者に依頼しましょう。業者なら経験や知識が豊富なので台風で傾いた庭木の重心をきちんと見極めることができ、難しい伐採作業も安全に行ないます。また、専門的な道具を持っていますし、伐採の正しい手順を知っているため作業もスピーディーです。依頼する費用はかかりますが、安全性やかかる時間を優先しましょう。 "

良い業者の判断基準

台風などで既に傾いている木はもちろん、そうでない木であっても伐採には危険が伴います。そのため、庭木の重心を読み、生えている場所に合わせた作業を行う必要があります。安全に伐採を行ってもらえるよう良い業者を選ぶようにしましょう。

TOPボタン