庭木の伐採は自分でできるのか?~多くの危険が伴う~

庭木の伐採はDIYで処分できる

大きくなりすぎた庭木や、台風によって既に傾いた庭木の場合は伐採の危険が大きいため業者に任せた方がいいです。しかし、小さな庭木など作業が難しくないものなら自分で伐採することも可能です。

自分でも伐採はできる

自分でできる伐採方法を教えてください。
のこぎりやチェーンソーを用いますが、生きた庭木は水分を多く含んでいるためのこぎりでは時間がかかります。そのため多くの場合チェーンソーで伐採しますが、ケガをする危険性が高いです。慣れない人は業者に依頼するようにしましょう。

庭木の捨て方とは

燃えるゴミとして捨てる
伐採で出たゴミが少量の場合なら燃えるゴミとして処分することが可能です。地域によって規定は異なるので、燃えるゴミとして出せる長さや量を調べてください。規定に沿った長さに切りそろえた後は紐でしっかりとしばり、ゴミに出します。
庭木処理業者
ゴミの量が多い場合、燃えるゴミとして自治体で庭木を処分してもらうのが難しくなります。そうした場合には庭木処理業者へ依頼して処分してもらいましょう。費用はかかりますが、業者に依頼した場合伐採後の庭木を短くする手間もかからないため楽です。
クリーンセンターに任せる
燃えるゴミとして出せないものは、業者に依頼して処分する他にクリーンセンターに直接持って行く方法があります。運ぶための車両の準備が必要で、搬入できる日時が決まっているので、前もってスケジュールを決めておきましょう。

このように庭木の伐採を自分で行うことも可能ですが、作業でケガをする危険がある上、処分にも手間やお金がかかります。伐採業者に依頼すると安全に作業が行なえて処分まで全て任せることができるので、なるべく業者を利用するようにしましょう。

TOPボタン